星まつり(厄払い祈祷)– 年始めの祈祷で自らの心を整えましょう –

目次

星まつりとは

 皆さんには、生まれた時に定められた星((ほん)(みょう)(しょう))と、その年のめぐりあわせの星((とう)(ねん)(じょう))が定められています。本命星と当年星によって、個々人のその年の吉凶が決まるといわれています。星供(星まつり)とは、国家安穏・個人の除災招福を願い僧侶がそれらの星に対してお祈りを する行事です。当山では、僧侶が塩断ち、五穀断ちをして1月28日より2月4日まで護摩祈祷をいたします。

 期間中は朝6時より毎朝護摩祈祷を行っておりますので、祈祷のお申し込みをすると同時に、一緒にお参りをしていただいて一年の誓いを仏様に立ててみてはいかがでしょうか。

 なお、当山では12月より翌年2月の星まつり護摩祈祷の申し込みを受け付けております。

本尊前星供壇の荘厳

厄払いについて

 厄払いをご希望の方に関しては、祈祷札のお申し込みをしていただいた上で早朝護摩祈祷もしくは星まつり当日にお越しください。祈祷札に関しては所定の日数ご祈祷をさせていただき星まつり終了後皆様にお渡しいたします。

早朝護摩祈祷

期間

1月29日~2月3日

時間

6:00~7:00 護摩祈祷
7:00~7:20 厄払い

場所

金剛寺本堂
(6時以前からお参りを行っておりますので広間側玄関より各自お入りください)

内容

お参りにご一緒に参加していただき、お参り終了後7時頃より個別に厄払いのご祈祷をいたします。

星まつり当日について

日程

2月4日
(一般的な節分の日程と1日ずれておりますのでお気を付けください)

時間

10:00~11:30

場所

金剛寺本堂

内容

星まつり当日は、本尊前中央壇にて住職が星まつりの修法を行い、向かって右側の護摩壇にて別に護摩祈祷を行っております。厄払いご希望の方は護摩壇前にて厄払いを行っております。僧侶から指示がありましたら護摩壇前にお進みください。

法会の様子
写真左側が星供壇、右側が護摩壇です

祈祷札の申し込みについて

 祈祷ご希望の方はこちらよりフォームをダウンロードしていただいた上、FAXもしくはメールにて当山までお問い合わせください。

 祈祷札をお寺で受け取ることができない方にはお札を郵送で送付いたしますので、申し込みの際、申込フォームの該当欄にチェックを入れてください。

祈祷札の一例

古いお札・お守りのお焚き上げについて

 星まつり当日に、金剛寺では古いお札やお守りなどを(はっ)(けん)(魂抜き)したうえでお焚き上げします。お焚き上げをご希望される方は2月4日9:30までに当山にご持参いただくか、年始参りの際にご相談ください。なお、燃えるもの(紙、木札など)と燃やせないもの(金属・プラスチック類)は分けていただきますようお願い申し上げます。

 ちなみに古いお札については、できる限りそのお札をいただいたお寺へお礼参りを兼ねて直接お持ちしたほうが良いでしょう。ご本尊に対して感謝の気持ちを込めてお参りをしてお札を納め、替わりに新しいお札をいただくというのが、お札の納め方・いただき方の基本です。

目次
閉じる