トップ > 歴史 > 金剛寺のはじまり

金剛寺のはじまり

明治29年より浦臼の地で祈りを捧げております


1893年(明治26年)、四国八十八ヶ所霊場20番奥の院慈眼寺住職であった釋秀辨(しゃくしゅうべん)和尚は高野山金剛峯寺の命にて徳島より渡道し、同じ徳島からの開拓者を頼り奈井江の茶志内で布教活動を行いました。
1896年(明治29年)、浦臼町開拓の中心人物であった友成士寿太郎氏との面談の末、布教のために浦臼の黄臼内に釋秀辨和尚が遍照院(現在の金剛寺)を開創いたしました。
1907年(明治40年)12月12日に金剛寺の創立を出願し、12月24日に「樺戸山金剛寺」の寺号公称が認可され、初代住職には釋秀辨和尚が任命されました。当時の檀徒は128戸、基本財産は土地14町3反7畝でした。

歴代住職
第一世 釋秀辨 (1907-1921)
第二世 佐伯秀明(1921-1944)
第三世 佐伯秀禅(1944-1975)
第四世 米田弘明(1975- )