トップ > 供養 > 納骨庫の利用について

納骨庫の利用について

◆納骨堂の利用方法

納骨堂を利用していただくにあたり2通りのご利用方法がございます。
1.合祀する
2.納骨庫に納める

まず、1の合祀についてですが、こちらは納骨庫の利用はせずに遺骨を合祀する方法です。
合祀する際に、戒名を専用の台帳に記録いたします。合祀する場所は納骨庫正面の地蔵菩薩の真下です。
次に、2の納骨庫に納める場合です。冥加金のお支払いが滞らず、維持管理費を納めていただいていれば継続してご利用いただけます。なお、1と2を組み合わせてご利用いただくことも可能となっております。(納骨庫を当初利用して最終的に合祀する、など)

納骨庫は四種類のご用意がございます。

納骨壇A:現在空きがない状況となっております
納骨壇B:お申込みいただけます
納骨壇C:お申込みいただけます
納骨壇D:お申込みいただけます


◆納骨庫利用にかかる費用

納骨庫を契約いただいた場合、かかる費用としましては以下の2つです。
1.契約時にお支払いいただく冥加料
2.維持管理費

まず、1の冥加料は使用する納骨壇によって金額が異なっております。また、冥加料は分割での支払いも承っております。
次に、2の維持費用は、納骨堂の維持管理費と金剛寺の護持管理費の二つがございます。納骨庫維持管理費に関しましては年間4,000円となっております。こちらには納骨堂で年一回行う法会の費用も含まれております。また、金剛寺の護持管理費としては14,000円を別途お支払いいただいております。
維持管理費としましては総額18,000円を納骨庫の契約以降毎年お支払いいただきます。