トップ > 供養 > 先祖供養・永代供養

先祖供養・永代供養

・先祖供養


当山では先祖供養のための法会を定期的に開催しております(日程は行事一覧をご覧ください)。法会の際、皆様の目的に合わせて故人、ご先祖様の供養を行うことができます。

・紙塔婆(1枚200円):法会前にご自身のお名前と、目的(○○家先祖代々、○○院△△居士、など)をご記入ください。法会中に僧侶が紙塔婆を一つずつ読み上げ供養させていただきます。

・供養ロウソク(1本50円):ご自身の願い事に合わせた供養ロウソクをお供えください

・本尊用供養ロウソク(1本500円):朝夕の本堂での勤行時、ご本尊用のロウソクとして使用いたします。こちらは5日程度の間お供えさせていただきます。



・永代供養


近年、少子化にともない、先祖代々のお墓を守れない、仏壇を維持できないというご家庭が増えてきております。当山では永代供養によってそのような方々の大切なご先祖様・故人の供養のお手伝いをさせていただいております。

◆永代供養を申し込むと?


永代供養とは、亡くなった方の戒名等をお寺での朝夕の勤行時に読み上げ毎日もしくは命日ごとに供養させていただくものです。大切な故人の供養ができなくなってしまう恐れがある方、自らも日々供養をするけれどお寺でも並行して供養をしてほしい方など、永代供養をお申込みされる方には様々な理由がございます。永代供養をお申込みいただければ当山にてきちんと供養させていただきます。
当山の永代供養には、一般の永代供養と特別永代供養の2種類があり、一般永代供養は亡くなった方の命日ごとに、特別永代供養は毎日の勤行時に戒名を読み上げ回向いたします。
詳細は当山までお問い合わせください。

◆納骨堂での位牌、お骨の管理


自分の代でお墓を管理する方がいなくなってしまうというお悩みがある方のために、当山納骨堂にてお骨、位牌をお預かりいたします。
お預かり方法としては下記の二通りがございます。
①当初から合祀させていただく方法
②納骨庫で一定期間お骨をお預かりしたのち、最終的には納骨堂正面のお地蔵様の下にお骨を納め合祀する方法

なお、位牌に関しましては合祀する際に当山にて撥遣(はっけん=魂抜き)をしてお焚き上げいたします。

詳細は納骨堂の項目を併せてご覧ください。